転職のポイントについて教える男女

転職をお考えの方のためのお仕事探しのサポートサイトです。転職で失敗しないコツや転職時の注意事項やポイントをわかりやすくご説明いたしますので、ぜひ転職活動にお役立てください。

転職する上での注意事項

今、働いている人であれば転職したいという思いは誰もが持っているのではないでしょうか。そんな思いを持ちながらも実行する人は少数です。日本では、転職に対してあまりよくないイメージがあります。ガマンが足りないだとか、会社を裏切るという受け取られ方をされます。これは、1つのことを続ける、やり通す、極めるということに日本人は美徳を感じるというところがあるからではないでしょうか。しかし、実際にはいろいろなことを経験している方が仕事では有利になることが多いです。違う分野の技術を取り入れて新製品を開発したというのはよく聞く話です。そこまでいかなくても前の会社や業界のいいところは、知っているのですから、それを提案していくだけでも重宝されます。転職により経験が豊かになるということは、プラスの面が多いのです。だからといって頻繁に転職することは人間性を疑われますし、前職で十分な経験をしているとは思われません。転職で注意するべきことは、なぜするのかということを自分がわかっているか、実行することでその望みが叶うのかということです。理由は様々で他人にはとても理解できないこともありますが、自分の中では、はっきりさせて納得して実行しなければなりません。そうしなければ後悔しますし、別の会社に行っても同じことの繰り返しになります。そして、その望みが叶ったことを実感することが必要です。長い人生の中では、その決断を後悔するときがあるでしょうが、その実感があれば後悔も薄まりますし、前に進めます。転職するときにはいろいろな人の意見を聞いたり、相談することは必要ですが、決めのは自分です。そうする理由を知っているのも、望みを知っているのも自分です。一番話さなければならないのは自分の心です。

転職時に忘れてはいけないこと

転職で新しい会社に入ったときに、忘れてはならないのは、新しい世界に入ったのだという認識です。自分がよその世界から新しくやってきて、皆さんが築いてきた世界に入れていただいたということを強く認識しておくことがとても大事だからです。仮に、ある程度技術や技量を買われて転職したとしても、このことは変わりません。転職したはいいものの、その会社に解け込めないで、止めていく人も少なくないからです。極端な言い方をすれば、言葉が通じない外国に住むことになったくらいの気持ちが必要です。まずは、価値観とか風土とか風習とか、ベースになるものが根本から違うことあります。言葉も何となく分かったとしても、本当の意味が異なっていることもあります。仕事のやり方や手順なども、長い間に培われてきたものあって、自分が育ってきたところとは何もかも違うということだってあります。それらを謙虚な姿勢で教えていただくことから出発するしかないということを言いたいのです。何となく不合理で、自分の経験からして、やり方を替えればもっと効率的にうまく行くと思ったとして、それをストレートに口にすれば、どうなるでしょう。入ってきたばかりの奴に何がわかるか、余計なことを言うな、というような反発が生まれることもあり得ます。特に中小企業では、直したいと思っても様々な理由から手がつかなかったり、後回しになっているケースがままあります。それはそれなりの事情があるからなのです。それを入ったばかりの奴に指摘されるのは、たまったもんじゃないという気持ちになるのは仕方ない面もあります。たとえ会社のためになる内容であったとしても、感情的に面白くないものが残るのです。一事が万事ですが、それが人間社会とも言えるわけです。だからこそ、言葉が通じない外国に住むことになったというくらい、新しい世界に入ったという認識がまずは必要なのです。

おすすめの転職情報サイト

転職サイトを使えば、効率よく転職できます。無料で利用できるので、積極的に活用しましょう。転職サイトに大まかに2つの種類があります。一般的なサイトと専門職のサイトです。普通の会社員だったら、一般的なサイトがおおすめです。薬剤師や介護職のような専門的な仕事をさせることだったら、専門職のサイトを使うようにしましょう。一般的なサイトだったら、仕事に関する情報量が多いところを選ぶのがお勧めです。DODAやリクルートエージェントと言ったサイトは、情報量が多いことで有名です。求人の情報が多かったら、たくさんの候補の中から自分に合った勤務先をじっくり選べるメリットがあるため、営業やWEBデザイナーに転職するなら求人情報検索をしていろいろな企業の情報を見ることもできます。もう一つ大切なことがあります。それはキャリアコンサルタントの数です。コンサルタントは仕事の情報を集めたり、転職をする人のサポートをしてくれます。コンサルタントが多かったら、仕事の情報を集めやすいですし、自分との相性が悪い場合は、他のコンサルタントに交代してもらえます。できるだけコンサルタントの数が多いサイトを選びましょう。専門職のサイトだったら、非公開求人の数で選ぶようにしましょう。このタイプの求人は働きやすくて、条件の良いものが多いです。看護師や薬剤師のように負担の大きな仕事だったら、非公開求人を選べば、自分の仕事の負担を減らせるようになります。例としては、マイナビ薬剤師やカンガルーのようなサイトがお勧めです。この2つのサイトは非公開求人の数が多いことで知られています。もう一つ大切なことは、自分の住んでいる地域の求人の数です。その数が多いところを選ぶのがお勧めです。転職サイトの中には、都市部の求人に力を入れて、地方の求人の数が少ないところがあります。そんなところは避けるようにしましょう。